初めて車の個人売買で買う、そんなあなたをサポートするサイト

>

車を個人売買で買いたいあなたをしっかりサポート

車を譲り受ける側が用意する書類

では、譲り受ける側はどんな書類を用意しなくてはならないかを確認しておきましょう。
友人から、家族から、ネットオークション等、個人売買で車を譲り受ける場合に必要な書類は以下のようなものです。

・車庫証明
譲り受けた車を保管する場所がある、ということを証明するもの。
車庫(ガレージ)、駐車場など、車を管理できる場所が必要なので、それを証明するための書類です。
警察署(所轄)の交通課にて取得する必要があります。

・印鑑証明書、及び実印
これは発行してから三ヶ月以内のものでなくてはいけません。
印鑑証明書は「印鑑登録証明書」のこと、市役所で発行できるもので、簡単に言うとその印鑑が「本人の実印として、正式に認められ登録されている印鑑である」ことを証明するものです。

必要書類に関する注意

車庫証明、印鑑証明書及び実印が必要であると説明しましたが、注意しなくてはならないこともあります。

車庫証明は、申請後に担当者が現地調査をする為、交付には一週間程度の時間がかかる場合があります。
また、各都道府県によって差はありますが、手数料(2000円程度)と更に発行手数料(500円程度)で計2500円程度かかります。
一軒家以外(たとえば賃貸住宅など)の駐車場、住居に設えられている駐車場以外を利用する場合、駐車場を管理している会社等のサインが必要になります。

印鑑証明書を発行する際、まずは「印鑑登録」をして、「印鑑登録カード」を発行します。
この印鑑登録カードと手数料(200~500円程度)が必要です。
ちなみに、印鑑証明書はマイナンバーカードまたは住基カードがあれば、お住まいの市町村がサービスを提供している場合に限り、コンビニエンスストアでも取得が可能です。


この記事をシェアする